出会い系サイトを見てユーザー登録したものの、選んだサイトだけではなく、知らないサイトから大量のメールが来るようになって対処しきれない…というパターンが最近増えており、注目を集めています。
特定のサイトを使用しなくても受信ボックスに溜まるこれらのメールは、とても処理に困るものですが、解決方法がほとんどありません。
例えばの話ですが、使わない出会い系サイトをやめようと思っても、退会する際に退会ボタンをクリックすると、記憶に全くない出会い系サイトに登録させられるトラップですので、どのみち、聞いたこともないサイトからメールが来て徒労に終わります。
付け加えると、アドレスをフィルタで分けても、また別のアドレスから来たメールでボックスがいっぱいになるだけなので、最終的にはアドレスを変更する以外に対処できないのです。

分かりやすく言うと、メールにイライラしているならサイトに入力したメールアドレスを変えるか、無料で音楽がダウンロードできるサイト、出会い系のコミュニティサイト、占いの結果を教えてくれるサイトなど、無料で楽しめるサイトには登録しないのが一番の方法です。
大切なのは、少しでもおかしなサイトに迷い込んだら、警察のサイバー犯罪対策室に相談してみることがたいせつです。
ここを読んでいる消費者の方々のなかには、見た覚えのない怪しい出会い系サイトから登録手続きの完了をお知らせするメールに戸惑った経験をなかなか人に相談できない方も少なくないでしょう。
明らかに、こういう大量のメールは質の悪い出会い系サイトが消費者のお金を奪い取るやり口なのです。
「ひょっとすると、わたしは前に売り文句に押されて出会い系サイトに入会していたのか」と早とちりさせれば、特に問題もなく悪質サイトの目的が達成されるのです。
登録していないユーザーを登録しているように混乱させ騙して金銭を巻き上げるという手口は絶対処罰されるべきですが、こういった方法は出会い系サイト運営側では何年も続けられてきました。

このため、「こんなよくあるメッセージに一杯食わされることなんてあるの」?といぶかしむ人の方が多数いるでしょうが、メディアリテラシーがあまり身についておらず、上手く対処できない方はそれでも小手先のやり口にも騙されやすい傾向にあります。
例えば、出会い系サイトの利用について、詳しく理解していない人が身近にいるのであれば、コミュニティサイトから送られてくるメールの厄介なところをレクチャーしてもいいでしょう。
誰が見たってインチキだろう…と分かってしまうような文面でも、今でもそのような、カモとして狙いやすい人がいるからこそ、まだなくならないということを忘れないようにするのがたいせつです。